医療法人玲生会にん内科

内科・循環器内科・胃腸科・小児科
在宅医療部 Heart Care
訪問看護ステーション Florence

にん内科通信

就寝時の靴下

2018.7.11

就寝時に靴下を履いて冷えを防ぐことを習慣にしている人もいると思いますが、靴下をはいて足を温めると睡眠の質を下げるので、できれば素足で寝ましょう。
靴下を履くことで足元がしめつけられ、血流が悪くなってしまったり、体温調整ができなくなってしまいます。
寝ているときは体温を調節するために足の裏から沢山の汗が出ています。通気性の悪い靴下を履いて寝ると、汗が発散されにくく、靴下が湿ったままになり、冷えてしまいます。
靴下は足首を締め付けます。足先の冷えが気になるときはレッグウォーマーがお勧めです。
足の裏からの発汗を妨げずに、足首やふくらはぎの筋肉を保温して血流を促すため、足先まで暖かくなります。
どうしても寒くて寝付けないときに靴下を履くなら、足元をしめつけない緩めのサイズで、通気性の良いシルク素材のものを選ぶと良いでしょう。
できれば就寝前に足元をよくマッサージして血流を良くし、内部から温めてから休むようにする方が、睡眠の質はより高まります。
また就寝中の室内は27℃前後が適温です。
タオルケットや夏掛けの布団を1枚かけて眠れるくらいを目安にします。タイマーでクーラーが切れるように設定するのはおすすめできません。
リラックスの神経である副交感神経を優位にするためにも、眠っている間の体温変化は少ないほうが良いです。

診療時間

9:00~12:00
16:30~19:00

休診日 日曜・祝日 水・土曜日午後

©2018 nin-clinic.com

  • 診療時間・担当医カレンダー
  • WEB予約