医療法人玲生会にん内科

内科・循環器内科・胃腸科・小児科
在宅医療部 Heart Care
訪問看護ステーション Florence

にん内科通信

電気毛布の安全な使い方

2017.12.10

一段と寒さが増し、電気毛布を使う人もいらしゃるかと思います。
冬の就寝時に媛かいお布団に入ると幸せを感じますよね。
でも朝までつけっ放しにするのは身体に良くありません。

本来ヒトは眠る時に悩と身体を休めるために体温を下げようとします。
深部体温は入眠時から1.5℃程度低下します。
瞬眠と体温は関係があり、自然と体温が下がることとで良質な瞬眠に繋がります。
電気毛布を付けっ放しで眠ると、夜聞に日覚めたり(中途覚醒)、明け方ごろに目が覚めたり(早朝覚醒)と睡眠の妨げになりかねません。
また、汗びっしょりで風邪をひいたり、乾燦により肌が力サカサになったり喉か力ラカラになったりと気付かないうちに脱水症状になってしまいます。
体温調整ができなくなったり、疲れが取れなく免疫力が下がることで風邪をひきやすくもなります。

電気毛布は正しい使い方をすればとても効果的な暖房器具です。
寝る前に電源を消したり、忘れそうな場合はタイマーをつけおくといいでしょう。朝までつけっ放しにしないことが重要です。
正しい使い方で寒い冬の夜を乗り切りましょう。

診療時間

9:00~12:00
16:30~19:00

休診日 日曜・祝日 水・土曜日午後

©2018 nin-clinic.com

  • 診療時間・担当医カレンダー
  • WEB予約