医療法人玲生会にん内科

内科・循環器内科・胃腸科・小児科
在宅医療部 Heart Care
訪問看護ステーション Florence

にん内科通信

2017.9.27

夏の疲れや気温の変化により体調を崩しやすい秋。
旬の食べ物で免疫力を高めましょう。

まずはさつまいも。
ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カリウムなど私たちの健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。
さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強いため、風邪の予防に効果があるビタミンCを効率的に摂取することができます。
食物繊維も豊富で特にサツマイモに含まれる食物繊維は、便を軟らかくして排出しやすくする水溶性食物繊維と、腸の動きを活発にして排出を促す不溶性食物繊維がバランスよく含まれているため、腸内環境を整えることができます。
腸内環境が良くなると、免疫力もアップします。

つぎにしいたけ・しめじ・まいたけ・まつたけなどのきのこ類。
きのこは、抗酸化作用が高い秋の食べ物。体内で細胞を酸化させる活性酵素が増えると、免疫力が低下し、体にさまざまなトラブルが起こりやすくなりますが、抗酸化作用の高いきのこ類を沢山食べれば、活性酵素を減らして免疫力を高めることができます。

緑黄色野菜の一つであるかぼちゃには、βカロチン・ビタミンC・ビタミンE・カリウムなど栄養素がバランスよく含まれています。特にβカロチンは、粘膜を強化して風邪やウィルスに感染しにくい体を作ります。また体温を上昇させる効果があるので、冷え症の方にもおすすめです。

診療時間

9:00~12:00
16:30~19:00

休診日 日曜・祝日 水・土曜日午後

©2018 nin-clinic.com

  • 診療時間・担当医カレンダー
  • WEB予約